この記事の所要時間: 537

本物っぽいサラダチキンを自作したい!

糖質制限ダイエット&MEC食をやっています

セブンイレブンから爆発的人気になった「サラダチキン」コンビニでは高くて買えないのでより本物のサラダチキンに近づくように研究しています。

電子レンジで作るのは簡単だし早いけど、食感がパサつく・・・。
もっと本物っぽい食感にしたい。

そこで真空調理を簡単安くできるポリ袋調理でサラダチキンを、様々なポリ袋で作って食べ比べてみました!使ったのは以下3点

・アイラップ
・ジップロック
・高ポリエチレン袋

果たして味・価格に違いはあるのか?

ポリ袋料理とは?

ポリ袋などで密封して調理すること。真空に近い状態だから、調味料も浸透しやすく、食材の水分や栄養素も逃げず、ふっくらおいしく仕上がります。(真空調理法)
災害時にも活用できますよー。

やってみた!

アイラップ

袋のラップ アイラップ
平和堂牛野店で購入。108円。60枚入り、サイズ25cm×35cm。
コーナンにはありませんでした。

●原料樹脂:ポリエチレン
●耐冷温度:-30度
●耐熱温度:明記なし
●枚数:60枚

箱の裏に堂々と
「そのまま熱湯に!解凍蒸すあたためるができる!電子レンジでの食品や調理解凍に!」
「冷凍熱湯ボイル、電子レンジもできる!何かと便利な大きめサイズ!」
と自信満々に書いてあり。

耐熱温度が書いてないのですが、背面を確認すると「120度以上になると破裂・溶解の危険性あり」とのことなので、ポリ袋調理に使ってよいと判断!

「袋のラップ」と歌っていますが、中身は至って、スーパーの買い物後においてある
ビニール袋に似たかんじ。ぺらぺら。こんな感じにした。
口をねじり上げ、なるべく袋の口に近い部分で結ぶ。

高ポリエチレン袋

ワタナベ工業 ポリ袋 お料理パック 40枚入 25cm×35cm 品番OP-25
コーナンで購入。200円位。

しっかり高密度ポリエチレンと書かれています。

材質:ポリエチレン
耐熱温度:-30度
耐冷温度:明記なし
枚数:40枚

見た感じ、100均にあるポリ袋とは全く違う!
半透明(向こうが透けて見えない)厚みがある、硬さもややある。

この見た目・・・。自治体指定のゴミ袋と一緒だ!と思って、ゴミ袋を確認したら
「高ポリエチレン」と書いてあった。

ちなみに江南市、一宮市、名古屋市の指定ゴミ袋は高ポリエチレンと明記されていた。

身近に高ポリエチレンがなければ、各自治体の指定ゴミ袋を使ってもいいかも

こんな感じで縛った。ちょっと袋に厚みがある感じ。

ジップロック

みんな大好きジップロック。
ジップロック フリーザーバッグ Mサイズ 16枚入 ジッパー付き保存袋 冷凍・解凍用
コーナンで購入。200円位。

材質:ポリエチレン
耐熱温度:100度
耐冷温度:-70度
枚数:16枚
商品サイズ (幅×奥行×高さ) :195mm×60mm×60mm
原産国:アメリカ合衆国

ジップロックだけ、耐熱温度が明記されていた。
しかも他のポリ袋と違って-70度までいける。しかもアメリカ製。

みんな一緒に煮る


鍋を沸騰させて


火を止めて、耐熱皿を鍋の底におく(袋が溶解することを防ぐ)

フタをして放置すること40分・・・。

できたー!

ちゃんと中に火が通っています。

食べ比べてみた!

左から
1 ジップロック
2 マイラップ
3 高ポリエチレン

みため全然違いがねえ・・・。わさび醤油で頂きます。

試しに食べてみる。もぐもぐ。

・・・

どいつも同じだったぁぁぁ!

食感、味どれも違いがない・・・。
そーなんだぁ・・・。そりゃみんな同じポリエチレンだもんなぁ。

ただ一つ言えるのは、電子レンジよりもしっとりしてる!

味は鳥ハム?シーチキン?(チキンのくせにシーつけられちゃう)

味が塩味プレーン系なのでそのまま食べるもよし。
お肉をスパゲティや、カレーなど他の料理にあとのせしてもおいしくいただけますよ!

比較

アイラップ ジップロック 高ポリエチレン
1枚あたり ★★★
1.8円
★☆☆
12.5円
★★☆
5円
使い勝手 ★★☆
薄いので締めやすい。
再利用したいがやはりハサミで切ってしまう。
★★★
個人的には一番使いやすい
空気を抜きやすい
再利用可能。
★☆☆
締めるときにちょっと固いので絞り口からの浸水が心配。
頑張れば再利用できるが、めんどくさくてはさみで切って開封してしまう
耐熱温度 ★★★
120度なので安心
★☆☆
100度。溶ける時あり
★★☆
110度。サラダチキン作成時破れることはなかった
味・食感 どれも一緒 どれも一緒 どれも一緒
原産国 明記なし アメリカ製 自分が買ったのは日本製

価格の面ではアイラップ。
ジップロックは慣れてこれば再利用可能なので、ダークホース
高ポリエチレンは安心感があります。

注意点

ジップロックは沸騰して火を止めた直後のなべにいれると溶けるぞ!
実際とけて中身の汁がでてしまった。耐熱性の皿を敷くor金網のざるを入れて鍋底に触れないようにするなど対策をしよう。

調理に使うときはポリ塩化ビニル製の「ビニール袋」では熱に耐えられず溶けてしまう。必ずポリエチレン製(半透明の)「日本製」「料理用」「高ポリエチレン」と書かれたポリ袋を使おう!

袋が解けるのは健康面で気になるので、やはり避けたいですね。

食品を入れると想定されるポリ袋については、重金属など有害な物質が含まれないよう定められている。(ポリ袋製造メーカーの回答)

まとめ

電子レンジよりもおいしくしっとりできあがるよ!

補足

ポリ袋調理を始めるにあたって、様々なポリ袋を探しにいったけどなかなか「高ポリエチレン」と明記しているものがなかった。

100均 ダイソーとブイドラックで買ったやつ。


ここらへんはやめておいたほうが無難

ダイソーでは高密度ポリエチレン袋は見かけなかった!残念!
他の100均にはあるのだろうか…。

以上 みゆきっくすでした!

それでは、さらだばー!