この記事の所要時間: 43

中国語の発音は独学では無理だー!

こんにちわ。みゆきっくすです。

中国・黄河の源流&星宿海に自転車で行きたいな~

と思って色々調べているうちに中国語を理解できた方が楽しいし防御になると思い、中国語を独学で勉強し始めた

今まで中国語は一度もやったことがない。

独学で勉強始める前にどうやって習得していったらいいんだ?

手当たり次第思いつきでやっていっても効率が悪そうだ。

と思いこの本を読んだ。

HSK・中国語検定 最強の学習法

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

HSK中国語検定最強の学習法 [ 三宅裕之 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2017/9/6時点)

中国語を5か月で習得した三宅 裕之さんが書かれた書籍。

三宅さんは通信講座のフルーエント中国語通信コースというものを開催されている。
動画を見たけど、非常に教え方が上手。わかりやすい。

本の詳細は買っていただくとして(いいこといっぱい書いてある!)要約すると

  1. 発音がキチンとできるようにしっかり習得する
  2. 発音がしっかりできるようになってからシャドーイングで一括で文法単語を勉強してしまう

という学習の流れである。

中国語は思った以上に発音が大事らしく発音をきちんとしないと言葉が伝わらないそうで。

この本にも発音は

  1. 日本人の先生から、論理的に体のどこをどうやって使って発音するのか論理的に聞く
  2. ネイティブの先生に聞いてもらって正しい発音かどうか判断してもらう

そうで。

まあそりゃ会話だからなw独学ってなんやねん。壁に向かってぶつぶつしゃべってても判断する人がいないと井の中の蛙だわな。人に聞いてもらって伝わらんかったら意味ないわな。

発音がキチンとできたら、文法、必要単語、HSK・中国語検定などの試験を意識しだして(試験日の3週間前位からで十分らしい)勉強するという流れのようだ。

「1に発音、2に発音、3、4がなくて5に発音」

まさに。

わかりやすい教え方なので、フルーエントで通信講座を受けようかと思ったが、
フルーエントは対面での講座はやってないみたい。(スカイプでの発音チェックはあるようなのですが)

「スカイプじゃなくて、対面で教わりたい」と調べた

紹文周さんが直々に指導する講座があった!

三宅さんがおすすめしていたこちらの本。

改訂新版 紹文周の中国語発音完全マスター

巻末に
「紹文周本人が指導する中国語特訓講座(東京・大阪・京都)」
CTCランゲージアカデミー(京都)

  • 中国語発音入門講座(12時間)
  • 中国語文法入門講座(12時間)
  • ヒアリング講座
  • 生活会話講座
  • 起業委託研修

更には、講師育成講座までやっているという(受講資格は北京生まれ!

とあるので電話で問い合わせしてみた
(eメールはない模様。資料もfaxらしい)

※古い本だと千葉県となっていますが、今は京都に活動拠点を移されたようです。
ちなみに私の本は2017年3月の第二版第13刷発行の本でした。

大阪の学友外国語学院で講座が開かれていた!

大阪の学友外国語学院で講座が開かれています。

紹文周先生の中国語特別講座 2017年度・秋(10月、11月)の開講予定

次回の発音講座は2017/11/25、11/26の二日間。
大体3か月~6か月に一回開催されている模様。

一日12000円と親切価格。

ある程度学習が進んでしまったあと、発音矯正で苦労している人々もいるみたいなので
中国語の発音で悩んでいらっしゃる方、いかがでしょうかー。

申し込みは学友外国語学院さんで受け付けているとのことですー。

私も参加すると思います~。

それからフルーエント申し込みしようかなー。

そしてその日は中国語検定の日でもありますが・・・。
そしてそして、さらにその日は私の誕生日でもありますががが・・・。

ひとまずこれを読んで自習しておきます。

動画で身につく! 中国語入門 発音+文法
私みたいな独学者にとっては、口元を動画で見えるのはとても参考になる!

あーしかし、もう発音こそ大事なら、今すぐ中国行って勉強したほうが絶対早いと思うけど
会社員だからという言い訳をする自分がいややわ。
会社やめて一人でおまんま食える能力がない自分が悔しい。

以上 みゆきっくすでした~