この記事の所要時間: 127

ニュージーランドで主要の交通機関になる長距離バス・インターシティ

使用バス会社は、InterCity(インターシティー)

区間:パイヒア Paihia ~ オークランド Auckland

インターシティーの料金
どうも座席の残り数で値段が変動する模様。

早めに座席を確保するが安く済ませるコツ。

インターシティに自転車を乗せる場合

2018/01 実際にやった方法

  1. スマホからバスを予約する(特に自転車を持っているなどは先方に知らせていない)
    ※この際、予約金で運賃に+$4とられた。iサイトでの対人予約だと予約金が取られるか不明。
  2. 自転車をバスに乗せる場合、自転車1台につき、NZ$10(800円)当日、運転手に現金で支払う。
  3. バスに乗る前に自転車を輪行できる状態にしておく。
  4. バスの運転手に追加料金NZ$10を現金で支払う。
  5. 車内持ち込み手荷物は極力小さくした
    ※モンベルのアクアペル スタッフバッグ15Lが半分位の大きさになるようにした。7リットル位かな?

輪行パッキング前の自転車はこんな感じ

バスに乗せる前の自転車

輪行パッキング後の自転車はこんな感じ

インターシティーに自転車を乗せる(輪行)

自転車2台分をパッキング。日本国内で電車輪行するレベルの輪行状態。

  • ハンドル、サドルを外す。
  • タイヤを外す
  • ディレイラーは外さず(しかしエンド金具つけなかった!おっひょっひょー。)
  • チェーン部分は他の荷物に触れて汚さないようにする必要があるため(そうしないと乗せてくれない?)持参の100均レジャーシートをかぶせた。

インターシティーのトランク

インターシティーのトランクはデカい
これで輪行ばっちりできました~!(^〇^)







このブログ記事を「いいね!」と思われましたら下のSNSボタンを押していただけるとひじょーに嬉しいです。記事を書く気力がわきます。